Making place BETTER WITH our products 快適な住まいづくりのお手伝いMaking place BETTER WITH our products 快適な住まいづくりのお手伝い

CONCEPT

より快適に、住みやすく

    セイワメタルの歴史は、商品開発の歴史。『より快適に、住みやすく』そうした想いから、さまざまな研究・開発をつづけてきました。府営住宅への特殊な雨戸取付けや屋根付き駐輪場の設置、洗濯排水の仕組み改善、高齢者向けの階段の手すり・・・、他にもたくさんの商品を開発し、特許も数多く取得しています。ひとつひとつは、ほんの小さな進歩です。でも、しっかりと暮らしを見つめ、住民の皆さんの声にこたえていくこと。それが、私たちの使命なのです。

代表取締役社長 濵﨑 浩史

MESSAGE

ごあいさつ

代表取締役社長 濵﨑 浩史

セイワメタルは、1988年6月、大阪市北区の地で立ち上がり以降、地域に根差した営業展開をしてまいりました。店舗改装、公共住宅の改修から新築マンションまで対応できる幅広い商品を取り扱い、開口部に関する全ての「快適」をお手伝いしてまいりました。弊社の取扱い商材は『快適性、安全性を得る』為に、無くてはならないものと自負致しております。またAGCグループとしてのスケールメリットを活かし、ワンストップでのご提案によってお客様のニーズにお応えする事、それが私たち社員一同の共有認識です。

代表取締役社長 濵﨑 浩史

BUSINESS

事業紹介

建築用建具サッシの製作・販売・施工をはじめ、老朽化した建具サッシの取り替え
システム工事の設計・設計・施工を行っています。他にも公営住宅の改善対策工事や
住宅設備機器及びリビング建材、エクステリア製品、
マンション・住宅のインナーウインド、増改築に関する販売・施工も可能です。

  • 打ち合わせ 見積もり確認

    打ち合わせ 見積もり確認

    お客様より見積り用の図面をご提出いただいてから、現場予算の把握・競合メーカーの見積り内容把握(案件によって現場把握)を行い、契約内容を確定させます。

  • 設計

    設計

    約1~2週間程度(案件の規模による)で図面のご提出をさせていただきます。確認(修正作業)を経て、図面の確定をします。

  • 製造

    製造

    製造期間は商品により異なりますので製造スケジュールは案件ごとにご提出いたします。

  • 取り付け作業

    取り付け作業

    取り付け日を確定させ、当社スタッフが現地での最終取り付け作業、作動検査を行います。

サービスの流れ

  • 1

    見積り用の図面提出お客様→セイワメタル

  • 2

    見積り提示セイワメタル→お客様

  • 3

    打ち合わせ現場予算の把握・競合メーカーの
    見積り内容把握・場合によっては
    現場把握

  • 4

    注文・申込完了

  • 5

    図面作成1~2週間:案件の大きさによる

  • 6

    図面の確認修正作業

  • 7

    図面承認

  • 8

    製造開始期間は商品による

  • 9

    取り付け日の打ち合わせ

  • 10

    取り付け作業実施 完了

  • 11

    最終作業完了の確認

  • 12

    検査・確認

01

復刻版製造

図面さえも残っていない40年前の窓サッシを完璧に再現できる、日本で唯一の技術です。

窓サッシ窓サッシ

復刻版製造とは?

復刻版製造復刻版製造

数十年もの時間が経てば、窓の枠や戸車もずいぶん劣化してしまいます。30年、40年前の窓枠となると、図面どころか製造メーカー自体がなくなっていることも少なくありません。万能戸車を使って修理しても、やはりピタリとは合わないのが現状です。セイワメタルでは、独自ルートで各メーカーの設計資料を収集、UR住宅での窓サッシ使用状況もリサーチし、実に80%の住宅において、完全再現の復刻版を製造することが可能になりました。低コストで窓枠をリフォームすることができ、入居者皆様から、見違える程快適になったと喜んで頂いております。セイワメタルの復刻版を是非お試しください。

下框取替工法

下框取替工法下框取替工法

数十復刻版製造において欠かすことのできないノウハウが、この下框(しもがまち)取替工法。これまで窓のリフォームといえば、戸車だけを交換する部品修理か、既存枠に新しいサッシを取り付けるカバー工法(全部リフォーム)しかありませんでした。しかし、戸車の交換だけではサッシの気密・水密性能が復元しません。カバー工法にするとコストが非常に高くなります。下框取替工法とは、戸車を含む窓の下框を取り替えることで、カバー工法より低コストで開閉性とサッシ性能を復元することができるのです。

以下のメーカーを
取り揃えております。
お気軽にご相談ください。

  • 【KJAタイプ】
    不二サッシ、近畿車輌、日軽サッシ、YKK、日本建鉄
  • 【KJBタイプ】
    不二サッシ、近畿車輌、三協アルミ、日軽アルミ、YKK、日鉄サッシ、三井軽金属

サービスの流れ

  • 1

    現場調査下框の形状を把握・寸法計測・図面確認

  • 2

    メーカーとの打ち合わせ

  • 3

    見積もり提示、
    受注内容確認

  • 4

    図面作成調査資料に基づいて部品・部材の手配

  • 5

    図面の確認修正作業調査資料に基づいて部品・部材の手配

  • 6

    図面承認

  • 7

    製造開始期間は商品による

  • 8

    復刻版下框の製作

  • 9

    取り付け作業実施・完了

  • 10

    最終作業完了の確認

  • 11

    納品完了

  • 12

    引渡し

02

商品開発

『より快適に、住みやすく』そうした想いから、さまざまな研究・開発をつづけてきました。
たくさんの商品を開発し、特許も数多く取得しています。

窓サッシ窓サッシ

歴代特許一覧

特許第3055099号 「洗濯機用排水ホース固定装置及び洗濯機用排水ホース固定装置付きドア」
特許第3989459号 建物の鼻先落下防止用カバー
特許第4516090号 集合住宅における空家,空家時用の省エネルギー換気並びに臭気抜き装置
特許第5462082号 障子の改修方法(下框)
特許第6391090号 着脱用パネル体・浴室用扉および浴室用扉の改修方法
登録第3129394号 緊急脱出機構を備えた扉丁番、並びに該扉用丁番を用いた扉

COMPANY

会社概要

社名 株式会社 セイワメタル
資本金 1,000万円(AGC硝子建材株式会社 100%出資)
設立年月日 昭和63年 6月23日
役員
  • 代表取締役社長濵﨑 浩史
  • 取締役社長補佐有光 健朗
  • 取締役岩井 直人
  • 取締役北脇 圭二
  • 監査役佐竹 孝夫
取引銀行
  • 三菱UFJ銀行梅田支店
  • りそな銀行平野支店
  • 池田泉州銀行大阪梅田営業部
建設業登録 建築工事業 国土交通大臣 許可(般−29)第26771号
建具工事業 国土交通大臣 許可(般−29)第26771号
設定登録 アルミ製乙種防火戸取扱業者承認 No.021
主要仕入先 AGC硝子建材株式会社
株式会社 LIXIL
YKK AP 株式会社
三和シヤッター工業 株式会社
株式会社 ユニテ
所在地  

大阪本社

〒531-0075
大阪市北区大淀南1丁目4番1号
TEL:06-6458-6012 / FAX:06-6458-6245
JR大阪駅から徒歩11分

GOOGLE MAP

東京支店

〒136-0071
東京都江東区亀戸2丁目39番5号 グレイスコート1F
TEL:03-3638-3051 / FAX:03-3638-3056
JR亀戸駅・東武鉄道亀戸駅から徒歩6分

GOOGLE MAP

CONTACT

お問い合わせ

ご依頼やご相談、サービスについてのご質問がございましたら、下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

必須社名
必須お名前
必須ふりがな
必須役職
必須メールアドレス
必須電話番号
必須郵便番号
必須ご住所
必須お問合せ内容

※以下のプライバシーポリシーをご一読の上同意するボタンにチェックしてください

プライバシーポリシー

株式会社 セイワメタル(以下,「当社」といいます。)は,本ウェブサイト上で提供するサービス(以下,「本サービス」といいます。)における,ユーザーの個人情報の取扱いについて,以下のとおりプライバシーポリシー(以下,「本ポリシー」といいます。)を定めます。

第1条(個人情報)「個人情報」とは,個人情報保護法にいう「個人情報」を指すものとし,生存する個人に関する情報であって,当該情報に含まれる氏名,生年月日,住所,電話番号,連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報及び容貌,指紋,声紋にかかるデータ,及び健康保険証の保険者番号などの当該情報単体から特定の個人を識別できる情報(個人識別情報)を指します。

第2条(個人情報の収集方法)当社は,ユーザーが利用登録をする際に氏名,生年月日,住所,電話番号,メールアドレス,銀行口座番号,クレジットカード番号,運転免許証番号などの個人情報をお尋ねすることがあります。また,ユーザーと提携先などとの間でなされたユーザーの個人情報を含む取引記録や決済に関する情報を,当社の提携先(情報提供元,広告主,広告配信先などを含みます。以下,「提携先」といいます。)などから収集することがあります。

第3条(個人情報を収集・利用する目的)当社が個人情報を収集・利用する目的は,以下のとおりです。
当社サービスの提供・運営のため
ユーザーからのお問い合わせに回答するため(本人確認を行うことを含む)
ユーザーが利用中のサービスの新機能,更新情報,キャンペーン等及び当社が提供する他のサービスの案内のメールを送付するため
メンテナンス,重要なお知らせなど必要に応じたご連絡のため
利用規約に違反したユーザーや,不正・不当な目的でサービスを利用しようとするユーザーの特定をし,ご利用をお断りするため
ユーザーにご自身の登録情報の閲覧や変更,削除,ご利用状況の閲覧を行っていただくため
有料サービスにおいて,ユーザーに利用料金を請求するため
上記の利用目的に付随する目的

第4条(利用目的の変更)当社は,利用目的が変更前と関連性を有すると合理的に認められる場合に限り,個人情報の利用目的を変更するものとします。
利用目的の変更を行った場合には,変更後の目的について,当社所定の方法により,ユーザーに通知し,または本ウェブサイト上に公表するものとします。

第5条(個人情報の第三者提供)当社は,次に掲げる場合を除いて,あらかじめユーザーの同意を得ることなく,第三者に個人情報を提供することはありません。ただし,個人情報保護法その他の法令で認められる場合を除きます。
人の生命,身体または財産の保護のために必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき
公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき
国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって,本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
予め次の事項を告知あるいは公表し,かつ当社が個人情報保護委員会に届出をしたとき
利用目的に第三者への提供を含むこと
第三者に提供されるデータの項目
第三者への提供の手段または方法
本人の求めに応じて個人情報の第三者への提供を停止すること
本人の求めを受け付ける方法
前項の定めにかかわらず,次に掲げる場合には,当該情報の提供先は第三者に該当しないものとします。
当社が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合
合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって,その旨並びに共同して利用される個人情報の項目,共同して利用する者の範囲,利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について,あらかじめ本人に通知し,または本人が容易に知り得る状態に置いた場合

第6条(個人情報の開示)当社は,本人から個人情報の開示を求められたときは,本人に対し,遅滞なくこれを開示します。ただし,開示することにより次のいずれかに該当する場合は,その全部または一部を開示しないこともあり,開示しない決定をした場合には,その旨を遅滞なく通知します。なお,個人情報の開示に際しては,1件あたり1,000円の手数料を申し受けます。
本人または第三者の生命,身体,財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
その他法令に違反することとなる場合
前項の定めにかかわらず,履歴情報および特性情報などの個人情報以外の情報については,原則として開示いたしません。

第7条(個人情報の訂正および削除)ユーザーは,当社の保有する自己の個人情報が誤った情報である場合には,当社が定める手続きにより,当社に対して個人情報の訂正,追加または削除(以下,「訂正等」といいます。)を請求することができます。
当社は,ユーザーから前項の請求を受けてその請求に応じる必要があると判断した場合には,遅滞なく,当該個人情報の訂正等を行うものとします。
当社は,前項の規定に基づき訂正等を行った場合,または訂正等を行わない旨の決定をしたときは遅滞なく,これをユーザーに通知します。

第8条(個人情報の利用停止等)当社は,本人から,個人情報が,利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由,または不正の手段により取得されたものであるという理由により,その利用の停止または消去(以下,「利用停止等」といいます。)を求められた場合には,遅滞なく必要な調査を行います。
前項の調査結果に基づき,その請求に応じる必要があると判断した場合には,遅滞なく,当該個人情報の利用停止等を行います。
当社は,前項の規定に基づき利用停止等を行った場合,または利用停止等を行わない旨の決定をしたときは,遅滞なく,これをユーザーに通知します。
前2項にかかわらず,利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって,ユーザーの権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は,この代替策を講じるものとします。

第9条(プライバシーポリシーの変更)本ポリシーの内容は,法令その他本ポリシーに別段の定めのある事項を除いて,ユーザーに通知することなく,変更することができるものとします。
当社が別途定める場合を除いて,変更後のプライバシーポリシーは,本ウェブサイトに掲載したときから効力を生じるものとします。